結婚してフリーランスになる転職方法

会社員だった人が結婚を機会にフリーランスに転職するということがあります。例えば、結婚相手も会社員である程度収入が高い場合、家計としてはそちらの仕事を優先し、自分は働いていた会社を辞めることでフリーランスとして無理のない範囲で仕事をするというやり方が考えられるのです。この例のように結婚相手の給料収入など家計単位で一つ収入の柱がある場合は、会社員からフリーランスへの転職はそんなに心配することはないでしょう。

もし、家計のすべてを自分で賄う必要がある人がフリーになった場合は、まったく稼げなければ生活ができません。しかし収入の柱が別にあればとりあえず生活に困るという問題はないはずです。そういった場合は、ある程度落ち着いて仕事を探し、フリーでやっていくことが可能です。
通常、フリーになって仕事を見つける方法は、過去の知り合いから紹介してもらったり、ネットでフリーの仕事への応募が中心かもしれませんが、別途家計に収入の柱がある場合は、信用できる知り合いからの紹介を中心に仕事を受けて、じっくりと時間をかけて事業を大きくしていくという転職方法がとれます。収入を得ないと暮らせないというプレッシャーの中でのフリーへの転職は、落ち着いて事業を育てるという視点を欠きがちですが、家計に別の収入の柱がある時はそのメリットを最大限に生かし、少しづつ事業を大きくしていくという転職方法がとれることを頭に入れておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です