女性フリーランスは各ライフステージで悩む

女性でフリーランスとして活躍している人がたくさんいますが、独立する際はかなり悩まれたことでしょう。会社員は安定しているという見方もできますが、定年を迎えたり、途中で管理職になり大きな責任とプレッシャーを負うことになるかもしれません。また、定年までずっと働いていけるかという点も不安に思います。そういった不安や課題を解消するために、あえてリスクがあるフリーランスにトライすることで長く働ける立場を得ようと決断した人もいるはずです。そして、フリーランスとして何年間か仕事を続け、得意先も確保するようになると、働ける限りずっと働く体制が手に入ると言えます。

しかし、そういった人でも結婚に関しては悩むことがあるようです。むしろ自営業の地位を確保することに苦労した人であればあるほど、悩みは深くなる可能性があります。婚姻後仕事を辞めるかどうかは相手の意向にもよりますが、なにより自分の気持ちがどこにあるかが大切になるので、家庭と仕事のどちらが優先なのか慎重に考えなければなりません。ただ、決断するにあたってフリーの仕事を辞めて結婚を選ぶか、またはその逆かというような考え方はしない方がいいでしょう。両方の良いとこ取りができる可能性を探ることも大切です。女性は結婚、出産、育児等で男性とは違う悩みを抱えることも多いですが、フリーの仕事のスタイルはそういった各ライフステージで強みになるかもしれないという考え方をした方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です